読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とペンのラフ

気づき、アイデア、ひらめきのラフ書き

そうだ 京都、行こう。

このキャッチコピーてほんと秀逸だよね。

 

JR東海の京都PRキャンペーンで

このキャッチコピーから、京都の魅力を伝える目的のプロジェクト。

クリエイティブディレクターは佐々木宏という人で

ソフトバンクの広告CM全部や缶コーヒーボスの永ちゃんシリーズから宇宙人ジョーンズシリーズ、

トヨタのREboneとかの人。

コピーを考えたのは太田恵美という人。

 

詳しくはWikiで調べてね。なんかリンク貼れないけど…

 

 

 

みんな知ってるキャッチコピーだよね。

 

思い付きで行くのか、

思い切って行くのか…

どっちの感覚も伝わってくるコピーだし

どっちの感覚でも満喫できる京都を

一言でシンプルに表してると思う。

 

個人的な感覚なのであしからず。作った人が実際どんな気持ちを込めたのかは知らない。

 

f:id:kami-to-pen:20160820220400j:image

 

これこれ。

Googleで画像検索すると、ポスターとしては

ただ淡々と、京都を写して切り取ったもの

に感じるけど

キャッチコピー同様シンプルなのは、

それだけで京都の魅力って伝わるからだと思う。

 

昔から変わらない良さがあって、

それは日本人のDNAに刻まれていて、

 だから、余計な装飾や過度な宣伝はいらないんだよ。

 

そして今年2016年からは、

「そうだ 京都は、今だ。」

なんていう新しいプロジェクトが始まってるんだって!

f:id:kami-to-pen:20160820221055j:image

 Wikiによると、京都の文化とか芸術に焦点を当てたPRって。

 

歴史的に考えると、日本の都の元祖はここで、

ここから新たな文化が生まれていたわけです。

日本人の美的センスはここから始まってるわけです。

それを知ってもらうっていい企画だね。

 

ポスターのキャッチコピーのフォントがゴシック系なのが、現代っぽくていいね。

 

 

 

なんでいきなり京都の話って?

 

それはね♡

あたしが今度京都に旅行いくからー♡

わーい!楽しみすぎる!!ラグジュアリーなホテル予約したの!(っ´ω`c)♡

今日嵐の中旅行会社行ってきたの!笑

 

そこで、ちょっと京都記事書いてみたくなったのです。しばらく京都記事続くかもね。笑

 

なにやら、デザイン業界に取っては常識すぎることを書いてしまったかもしれないけど…

 

 

普段何気なく、当たり前になってることを

あえて意識してクローズアップしてみると

面白い気づきとか新たな発見があるなって

この記事を書きながら思ったよ!

 

日常生活にも当てはめると

同じだと思っていた毎日が

なにか変わるかもしれないね。

 

 

今日はデザイナーっぽいブログ書けて満足(^。^)