読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とペンのラフ

気づき、アイデア、ひらめきのラフ書き

何もしていないようで色々やっている。

年が明けたね!(-^〇^-)

  

A HAPPY*.+゚(*'ω`人)゚+.*NEW YEAR

 

年末年始といえば、1年の振り返りと新年の抱負を発表〜なんてのが定番だけど、

自分の中でその一連の流れって、自己満足であって、

 

書いたところでちゃんと読む人もいないと思うんだよ。

 

だって実は、人って人にあまり興味ないじゃん?

 

いや、みんながそうってわけじゃないけど

ていねいに、人のこと見てる人もたくさんいるだろうけど。

 

 

 

じゃあ、なんで1年の振り返りと新年の抱負をわざわざするのかというと、

 

そうすることで、ちゃんと1年過ごしてきて年を越せたことが実感できるからなんだと思う。

 

 

1年の内にできたことや、楽しかった嬉しかった悲しかったと

感情が動いたことを振り返ると、

 

あっという間に過ぎてしまったように感じた1年が、

 

実は色濃く鮮やかだったと気づくことができるかなって。

 

 

振り返ると、何もない1年なんてないんだなあってわかるよね。

 

 

f:id:kami-to-pen:20170101201802j:plain

 

2016年は全体を通してみると、感情に浸る暇もなく過ぎていった。

 

すごく嬉しいことがあったあとにきついことが起きる。

といことがよくあって、

 

プラマイ0みたいな状況が続いた。

 

身に起きたできごとひとつひとつ振り返ると、

かなり大きなことであったと思うんだけど、

 

感情を味わう余裕なくさらりと過ぎていってしまって、

 

ほんとにあっという間に感じている。

 

 

それはそれで、

 

ふりかかるできごとに動じなくなってきているともいえるのかな。

 

 

今までなら特別であったことが、当たり前になっているんだなと。

 

 

 

 自分の様々な物事に対する価値観のラインが

 

上の段階に繰り上がったのかもしれない。

 

 

 

ようするに、

 

色々あったのに何もしてない気持ちになるのは、

 

その色々あったことが、自分の人生の通常事項になっていて、

 

変化に気づいていないだけであって、

 

成長していないというわけじゃないんだろうと。

 

 

 

年初は、周りが結婚式ピークだった。

 

目に見えて人生の階段を上がるみんなを見て

 

焦りを覚えていた。

 

 

 いつまでもふらふらしていて、

 

相変わらず理想だけ高い自分を変えることもできなくて、

 

その理想に熱心に向かっていくこともできなくて

 

やってることは全部行き当たりばったりで。

 

 

けど、こうして1年振り返ると、

 

ちょっとずつでも、理想に近づけているようにも思える。

 

 

多分、あたしのライフイベントは人より数年遅れてくるもののようだから、

 

まったく進んでいないというわけではないので、

 

自分のペースでこれからもやっていく

 

という、ありがちな結論に着地しました。

 

 

人はそれぞれちがう。

 

 

2017年は、公私ともに自己アピールを強化していこうと思う。

 

 

あと、勝手に色々させてもらえていることに

 

感謝の気持ちを持って行動していこうと思う。

 

 

20代もあとわずかだから、

 

やれること、どんどんしていきたいなと思う。

 

 

以上

 

あまりだらだら書いても仕方ないので、この辺にしておきます。

 

今年もどうぞよろしくおねがいします。