読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とペンのラフ

気づき、アイデア、ひらめきのラフ書き

欠点は魅力らしい

 

この前、プロフィール写真に使うポートレートを撮ってもらった。

 

今までは撮る側だったので

 

撮られる側になると、自分の気持ちがまったくちがった。

 

 

大げさだけど、自分が人生の主役になれたような感覚で、恥ずかしかったけど、楽しかった。

 

いや、そもそも人生は自分が主役なんだけど、

 

これまで、自分を抑え、欲を抑え、色々と遠慮をすることが多くあったので

 

写真を撮ってもらうことで、自分にクローズアップできたことが

 

新鮮で嬉しいことだった。

 

 f:id:kami-to-pen:20170316102346j:image

 

Facebookに投稿後、今までの抑制の反動からか、みんなからもらったコメントの返事がはしゃぎ倒していて、自分のことでありながら、いい歳した女がみっともないとも感じてしまつた。

俯瞰的思考はいまに始まったことではないので、自分を冷静に見ることはよくあること。

 

いつもならそこで、はしゃぎ倒す自分にいたたまれなくなり、非表示や削除をするのだけど、

 

今回はちゃんと残しておこうと思った。

 

なぜなら、欠点は魅力なのだと聞いたから。

 

 

 f:id:kami-to-pen:20170316105756j:image

 

本当かどうかはわからないけれども、

 

たとえば

品行方正より自由気ままな人の方が惹きつけられるし、

手のかかる生徒の方が思い出に残るし、

高須クリニックの院長も、

あれだけ人の顔直していながら、

自分の奥さんは直さないと。

なぜなら、欠点が好きだから。

 

欠点が魅力というのは、すべてではないかもしれないけど、あながち間違ってないのかもしれないね。

 

 f:id:kami-to-pen:20170316111014j:image

 

人の欠点を指摘する人は、

 

同じ欠点(問題と思い込んでいる自分の価値観)を自分も持っているからそこに目が行くらしい。

 

その自分の欠点を、魅力なのだと思えば

 

人の欠点も魅力に見えてくるんだと思う。

 

f:id:kami-to-pen:20170316111545j:image

ぐでだまはぐでぐでしてるのが魅力

 

 

あたしには一つ、昔からの友達以外には言えていないコンプレックスがあって。

言ってしまえば大したことはないと思うけど、

それを言うのは本当に勇気がいる。

いや、気付かれている可能性もあるだろうけど、

おおやけにすることで

人格否定もされるかもしれないし

接触を拒否されるかもしれない。

 

そう思うと怖くてなかなか言えない。

 

だけど

カミングアウトすることで、楽にもなれるとは思う。もう言ってしまって、いい加減肩の力を抜きたくなっている。

 

嫌われて人が離れて行く覚悟ができるまでは

 

もう少し様子見にしたい。

 

 

友達が見るFacebookにはシェアせず

こっちだけに留めておく記事でいつか書いてもいいかもね。