読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とペンのラフ

気づき、アイデア、ひらめきのラフ書き

上が見えると焦ってしまう。キリないけど。

インスタで、

 

とりあえず関連性があるハッシュタグ付けてたら、たくさんの人にいいねしてもらえるのはいいんだけど、

 

いいねくれた人の写真見ると、自分なんか足元にも及ばないことしてる人がいたりする。

 

それこそデザイン系のハッシュタグなんかは、

どこかの会社関係者さんだったり

フリーランスでも

しっかりしたデザイン会社とかで

確実にスキル付けたと思われるハイクオリティの仕事してる人だったり。

 

 

あたしは、ホントに忙しい会社にいたことないし、営業やったことないし

ご縁だけでここまで来れたけど

 

そういうの見ると焦ってしまうねー

 

 

 

ホリエモンが、下積みなんかいらないって発言してたとき、

そうそう!時間がもったいない!現状で仕事になるんだから!っておもった。

実際そうだし。

 

 

けど高いスキルでしっかり土台が固ければ

それなりの価格もつけられるんだろうなって思う。

 

 

世の中には

こんな酷いデザインでこの価格!?

っていうのもたくさんあって、

そういう所に、相場を知らずに任せてしまって、高いデザイン料払ってしまった人も知ってる。

そういうの見ると気の毒になってしまって

いいデザインもっとできるよ!って

お人好しになったりする。

 

 

あたしは下積みはそこそこにしかしてないけど、自分のやりたいデザインやるためと、

無理のない範囲で手が届くデザインで喜んでもらうために

あまり高く設定してない。

 

裏を返せば、ただ単に自信がないだけというのが本音でもある。

 

 

あと、これで食べていく!という強い気持ちがない。仕事は全部暮らしていくためにやってる。

デザインは好きだから、日常で関わっていたい気持ちもある。

暮らしていくための仕事だけど、

憧れや尊敬してる人と仕事できればそれは当然嬉しい。

 

 

 

インスタの話に戻るけど

同じジャンルに興味を持っていて、さらにクオリティの高いことしてる人がいいねしてくれるのは、

ある意味、認められたというか

この人の価値観の中では、あたしがやってることはありなんだってことで

自信が付くこともある。

と同時に、そこに行けるのか、行きたいのかもわからないことに

とても焦りを感じることもある。

 

いや、行かなくてもいいんだけどね。

行った方がいいかな…っていう

また他人軸で物事決める癖。

 

 

一番は、ゆるゆる楽しく仕事して暮らしたい

というのが気持ちのベースにあるのでした。

 

 

あぁ、そろそろ起きて会社行く準備しなくては。

 

f:id:kami-to-pen:20160817044810j:image

トトロのように暮らしたい。