読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とペンのラフ

気づき、アイデア、ひらめきのラフ書き

こんなにも変わって行く

f:id:kami-to-pen:20170423010012j:image

寝付けない人へ

あぁ、同士よ。

 

春から初夏にかけて

空気が日々生ぬるく

気圧の変化も激しいこの頃。

 

体調を崩しがちな季節。

 

なので少し体調が、悪い。

 

 

そういえば1年前も体調を崩していた。

 

連日お腹を壊し、

必死に2時間半かけて会社の最寄りにたどり着くも、そこからまた15分歩くことが厳しく

 

駅前で1時間ほど休んでいたりした。

 

3月から4月にかけて忙しい時期が続き、

心身を整えるべく

出勤時間を2週間ほど1時間遅れにさせてもらった。

 

あれから1年が経ったけれど、

まさか自宅で仕事をしているとは思わなかった。

 

旅行のような通勤時間がなくなり、

体力面では余裕が出てくるようになった。

新たに始めた立ち仕事のバイトは、何年もデスクワークをしてきた身体に響くけれども、

PCモニターを見ることなくお給料がいただけるのは新鮮だし、年下ばかりの同僚に助けてもらったり、なにより社割での買い物が楽しみの一つとなっている。

 

上司はあまり好きじゃないので、長く続くかはわからないけど。

 

 

 

ここ1年で

自分も周りも環境の変化が著しく

 

若干ついていけていない部分がある。

 

 

結婚した友人

親になった友人

とは、日々の出来事が全く変わってきて

会話を擦り合わせることが多くなったのは少し負担だったりするが

家族ができて幸せそうな友人を、純粋に祝福しているときもある。

 

まだ同じ独身の友人とは

誰が一抜けかと、不安に駆られているときもあれば、独身同士だからこその遊びを楽しむときもある。

 

関わりの長くなった仕事の関係者の方々

 

一瞬遊んだ時期のある知人・友人 

 

 

年老いた親

 

 

それぞれとの付き合い方が違うのは当然だけれど、

変幻自在とまではいかないが、

相手の立場によって会話や態度を変えている自分が

 

一体何をしているのだと俯瞰的に感じることがある。

 

いつもの自問自答癖なのだろうけども。

 

 

一体何がしたくて何をしているのかよくわからず、

 

目の前にあるものをこなしている毎日。

 

それが悪いとは思わないけど

 

時間に余裕ができたことで

バイトの帰り道にたくさん咲いてる花を見たり

あーのんびりしているなぁと肌で感じるときとか

楽しいんだけど

 

なんだか宙に浮いてる気もしていて、

 

よくわからない心境になっていたりする。

 

 

よく言えばフラット

悪く言えば平凡

 

そんな風にも思える。

 

 

以前のように

気持ちが荒れることは減った。

これははっきりとわかる。

 

 

多分ね、今まで波がありすぎたから

この心境に戸惑っているのだと思う。

前は良いことにも悪いことにも全力で反応していたから。

 

感情の揺れが減ったことで

人への興味が余計に薄れてしまった部分もあるけれど、

振り幅が小さい方が楽だ。

 

 

1年で良くも悪くも変わっている。

こんなにも

と少し驚く。

 

この先はどんな風に変わっていくのか

少し楽しみである。